就職や転職で色々仕事を探している人は、一度は見たことがあるのが期間従業員という言葉ではないでしょうか。そもそも期間従業員とは何のことでしょうか。通常、就職しようと考えた場合、ほとんどの人はその会社でずっと働き続けることをイメージすると思います。しかし中には、ある一定期間だけ働いて、その後は違うことがしたいという人もいます。期間限定の従業員とはいわゆる契約社員と同じで無期契約ではありません。間違えやすいものに派遣社員が有りますがこちらは請負であり、直接雇用ではありません。なんだ、そんな仕事したい人はいないだろうと思った人は大間違いです。期間限定で働くことはしっかりメリットとデメリットを理解していれば意外と有りなのです。現に多くの企業が募集をしていますが、採用の選考会はすぐ締め切りになるぐらい人気があるのです。

期間従業員のメリット、デメリット

期間従業員の最大のメリットは、給料待遇などが普通の正社員勤務より圧倒的に優遇されていることです。特に自動車関係の仕事は他に比べて短期間で稼ぐことができます。具体的には、月収30万以上が可能である、さらに交代勤務で夜勤を行えば更に稼げます。中には入社時の祝い金や、期間満了時のボーナスなどを用意する企業も多いです。また、社員寮が完備されていることがほとんどで、遠方からでも就職が可能です。寮は食事なども格安で食べることができるため、生活にあまりお金をかける必要がないため、お金がたまりやすいのです。ただしデメリットももちろん有ります。代表的なものとしては、やはり期間限定のためその後無職になってしまいます。安定した仕事ではなく、短期集中の仕事であることを理解しておきましょう。また、非常に無駄のない作業を求められるので仕事中は余裕がないことが多いでしょう。

どんな企業で、どんな仕事をするのか。

期間限定で従業員を募集する企業はまず製造業の大手企業です。特に自動車メーカーや系列の部品メーカーではほとんどが募集しています。これら企業では、自動車本体や、エンジン、エアコン、カーナビ、足まわりなどありとあらゆる部品を製造するため、ラインと呼ばれる生産体制をとっています。このラインで、決まった生産スピードで流れてくる本体にエアーブローしたり、部品をボルト止めしたりします。作業自体は極めて簡単であり誰でも出来るものと言えるでしょう。ただし、1日中同じ作業をするということは肉体的にも精神的にも大変です。なにせ無駄な動きが全く出来ないため、常に同じ動作が必要になるからです。やはりこういった苦しみもあるからこその給料待遇であることは理解しておくと長続きするでしょう。