最近は様々な働き方があり、自分の技能やスキルを身につけたい、短期間であっても高い収入を得たいなど社員でなくてもよいという考え方もあります。その中でも一時的に募集をする期間従業員という働き方があります。期間工とも言いますが、一定期間その会社と契約を直接結んで働く雇用形態で、その会社から直接給与など待遇を受けるということになり、福利厚生なども受けることができるということになります。このような期間従業員は半年から2年といった期間で、仕事の状況に応じて契約を行い仕事することになります。自動車メーカーや電子部品などの会社で直接雇用ということでスキルや技能を身につけることができるということで、未経験者でもきちんと仕事を教えてもらうことができます。

期間従業員の主な仕事の内容について

期間工の仕事は実際に自動車などの生産ラインに就いて仕事をすることになります。エンジンやミッションを組み立てたり、ボディやシャーシを組み立てて、部品を取り付けて自動車に仕上げていくという工程です。エンジンは各パーツを工作機械で作り上げて組み上げていくという工程で、このような工程について仕事をすることはなかなかできないことですが、このような仕事で技術を身につけていくことができるのです。ボディなどはプレスや溶接をして作り上げていきますが、これら基本的に機械化されていて細かいところを手直しする作業もありますが、これら工程を管理するという仕事となります。そしてボディの塗装など行い、内装などシートやメーター類などの部品を取り付けて、サスペンション、タイヤなどの足回りを取り付けて完成となり、自動車を作り上げるという工程に携わることができます。

期間従業員で働くことで高収入も可能

期間工の特徴は給与面などの待遇が良いというメリットがあります。二交代制などの勤務のため基本的には寮に住み込んで仕事をすることになりますが、寮費や水光熱費などの費用は無料なのです。また食事などの補助もある自動車メーカーもあります。給与は日給制で、基本的に週休二日制のため自分の時間も確保しながら、仕事もきちんとあるために安定した給与をもらうことができるのです。また給与以外にも手当も充実しているという特徴があり、入社が決まると赴任手当をもらうことができ、一定期間働くことで能力手当のような名目で手当をもらうことができます。そして期間満了時には慰労金をもらうことができるため、待遇はとても充実しているのです。生活にかかる費用を抑えながら高い給与をもらうことができるため短い期間でも高収入を得ることができます。